カテゴリ

インフォメーション

宮地楽器 音楽教室オンラインレッスンは音楽教室事務局が管理運営しています。

オンラインレッスンに関するお問い合わせは専用連絡フォームよりお問い合わせください。

当サイトは宮地楽器 国立音楽大学店が運営しており、下記連絡先にお問い合わせいただいでも回答いたしかねます。何卒ご了承くださいませ。

ご注文金額5,000円以上で送料無料となります。

当サイトでは、宮地楽器各種会員割引は適用されません。
何卒ご了承くださいませ。

商品の在庫状況などにつきましてはお気軽にお問い合わせくださいませ。


宮地楽器 国立音楽大学店

042-537-8200

商品コード:
4910021291218

音楽の友 2021年12月号

発送日目安:3~4日後

ご注文のタイミング、在庫状況によりお届け日数が異なる場合がございます。

販売価格(税込)
1,485
獲得ポイント:
13Pt
残り 1点
数量:

第18回ショパン国際ピアノコンクール ―青春の激闘22日間
いまこそ《第九》を!~コロナを乗り越える”歓喜の歌”

【特集1】
●第18回ショパン国際ピアノコンクール ―青春の激闘22日間
(下田幸二/ブルース・(シャオユー)・リウ/アレクサンダー・ガジェヴ/反田恭平/伊熊よし子/マルティン・ガルシア・ガルシア/小林愛実/フィリップ・ジュジアノ/海老彰子/青柳いづみこ/真嶋雄大/小倉貴久子/高坂はる香/他)
日本人が2名も上位入賞し話題を呼んだ第18回ショパン国際ピアノコンクール。あの感動が再び蘇る! コンクールの詳細なレポートとともに、入賞者をはじめとするコンテスタントたちのインタヴューやコメントを掲載。

【特集2】
●いまこそ《第九》を!~コロナを乗り越える”歓喜の歌”
(片桐卓也/渡辺 和/堀江昭朗/高山直也/山田真一/後藤菜穂子/池田卓夫)
日本の年末の風物詩である《第九》演奏会を取り巻く状況は、新型コロナの影響で2020年末に一変。それでも、さまざまな工夫をしながら、複数の《第九》公演が行われた。それから1年、今年の《第九》に向けた動きを、アーティストへのインタヴュー、オーケストラなど主催者へのヒアリングをもとに紹介する。

【カラー】
●[Interview]秋山和慶~指揮活動の原点を語る(片桐卓也)
●[Report]内田光子のシューベルトとベートーヴェン― 生きる歓びを促すピアノ(伊熊よし子)
●[告知]特別付録 ミュージック・カレンダー2022 ショパン国際ピアノコンクール/第1位のピアニストたち
●[Report & Interview]映画界のシンデレラ・ストーリーに変身した新国立劇場《チェネレントラ》&アレッサンドロ・コルベッリ(萩谷由喜子/河野典子)
●[Report]全幕上演が珍しいオペラ― プッチーニ「歌劇《つばめ》」がびわ湖ホールで上演(能登原由美)
●[Report]ズザンナ・マルコヴァが声を振り絞る熱演― サントリーホール「ホール・オペラ」の ヴェルディ《トラヴィアータ》(岸純信)
●[Report]さまざまなテーマ、アーティストで「新しい音」を紹介~東京芸術劇場「ボンクリ・フェス2021」(萩谷由喜子)
●[連載]楽団長フロシャウアーかく語りき「ウィーン・フィル、わが永遠のオーケストラ」9(ダニエル・フロシャウアー/渋谷ゆう子)
●[連載]ショパンの窓から7 ― ニコラ・パガニーニ(川口成彦)
●[連載]対談シリーズ 楽師たちの庭9 関西フィルハーモニー管弦楽団/友永健二(vn)、玉木俊太(vc)(堀江昭朗)
●[連載]ベートーヴェン的な、余りにベートーヴェン的な27(最終回)~〈ゲスト〉ルドルフ・ブーフビンダー(p)(越懸澤麻衣)
●[連載]マリアージュなこの1本~お酒と音楽の美味しいおはなし17~〈ゲスト〉大植英次(指揮者)(伊熊よし子)
●[連載]和音の本音16 ― シューマンのなかに2(清水和音/青澤隆明)

【特別記事】
●[Interview]アンサンブル室町」を語る次期芸術監督・大平健介(伊藤制子)
●[Interview]ヴァシリー・ペトレンコ、来日直前インタヴュー(秋島百合子)
●[Report]アンブロネ音楽祭― 2年ぶりに平常開催(三光 洋)
●[Interview & Report]新たな才能がここから羽ばたく!~東京国際音楽コンクール〈指揮〉レポート&入賞者・審査委員長インタヴュー(堀江昭朗)
●[Report]日本音楽コンクール2021 ― 今年も開催、伝統のコンクール
 [作曲部門/ヴァイオリン部門(渡辺和彦)/ピアノ部門(上田弘子)/クラリネット部門(高山直也)/声楽部門(岸 純信)/トランペット部門(高山直也)]
●[Interview] 山田貞夫音楽財団の会長が語るクラシック音楽への情熱(池田卓夫)
●[Interview & Report]ペーター・レーゼルが日本でのフェアウェル・リサイタルを開催(上田弘子)
●[座談会(鼎談)]平崎真弓&西山まりえ&菅きよみ― 全曲演奏会で共演の3人が語る《ブランデンブルク協奏曲》(林田直樹)
●[Interview] 田崎端博、大友肇、二人のチェリストに聞く、年末のベートーヴェン弦楽四重奏曲(山田治生)
●追悼 ベルナルト・ハイティンク1巨匠との想い出(金丸葉子)
●巨星落つ! 世紀のコロラトゥーラ、エディタ・グルベローヴァ 1(中 東生/ドミニク・メイエ/アンドレアス・ホモキ/広渡 勲)
●[Report]初開催の富士山河口湖ピアノフェスティバル(青澤隆明)

【連載】
●舞台芸術から見る音楽大学2 ― 昭和音楽大学(長井進之介)
●池辺晋一郎エッセイ 先人の影を踏みなおす21池内友次郎さん2(池辺晋一郎)
●平野 昭・対談シリーズ 樂興のすゝめ from research to practice, from practice to research 第4章:ピアノ音楽の諸相/ゲスト:仲道郁代1 幻想曲 その1(平野 昭/長井進之介/仲道郁代)
●ひと粒の音宇宙― 魅惑のアンコール・ピースたち6(広瀬大介)
●オペラで知るヨーロッパ史19~ヒンデミット《画家マティス》(加藤浩子)
●デジタル・クラシック2― オンライン・クラシックの活用術12― ネット配信で聴くショパン・コンクールとその音質(山田真一)
●クラシックを撃て!9 オノレ・ド・バルザック『ガンバラ』(岸 純信)

【People】
●澤 和樹 & 蓼沼恵美子(山田治生)
●藤木大地(加藤浩子)
●西村 悟(堀江昭朗)
●鈴木秀美(加藤浩子)
●青柳 晋(道下京子)
●竹村浄子(後藤菜穂子)
●森武大和(池田卓夫)/山本哲也(山田治生)

【Reviews & Reports】
●Concert Reviews 演奏会批評
●〈海外レポート〉イギリス(秋島百合子)/フランス(三光 洋)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(中村伸子)/ドイツ1(中村真人)/ドイツ2(来住千保美)/スイス(中 東生)/ロシア(浅松啓介)/アメリカ(有賀太一)

【Rondo】
●フィンランド大使館で舘野泉の85歳誕生会(真嶋雄大)/くまもと復興国際音楽祭(渡辺和)/ノイシュヴァンシュタイン城の近くで《トリスタンとイゾルデ》上演(来住千保美)/日本人の受賞は16年ぶり! 細川俊夫への「ゲーテ・メダル」授与式(池田卓夫)/華やかに開催された「第1回 平井康三郎声楽コンクール」

【News & Information】
●フレッシュ・アーティスト・ファイル Vol.30 小川恭子(vn)
●スクランブル・ショット
●音楽の友ホールだより
●ディスク・スペース(諸石幸生/真嶋雄大)
●アート・スペース( 映画:中村千晶/舞台:横溝幸子/展覧会:花田志織/書籍:小沼純一、國土潤一)
●クラシック音楽番組表
●読者のページ
●編集部だより(次号予告/編集後記/広告案内)

【表紙の人】
●秋山和慶(指揮者)
Kazuyoshi Akiyama, Conductor
1941年生まれ。1964年に東響でデビュー後、2004年まで同響の音楽監督・常任指揮者を務める。トロント響副指揮者、アメリカ響音楽監督、バンクーバー響音楽監督、大フィル、札響、広響、九響の首席指揮者などを歴任。クリーヴランド管、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、ケルン放送響、ベルリン放響などに客演している。これまで第6回と第29回のサントリー音楽賞、芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞、モービル音楽賞など受賞多数。紫綬褒章および旭日小綬章を受章。2014年度文化功労者に選出。現在、中部フィル芸術監督・首席指揮者を務める。

【特別付録】
●Music Calendar 2022
ショパン国際ピアノコンクール
第1位のピアニストたち
〔+2022 主な記念年作曲家たち〕

【別冊付録】
●コンサート・ガイド&チケット・インフォメーション
観どころ聴きどころ(戸部 亮&室田尚子)

新型コロナウイルスの影響で、公演やイヴェントの延期・中止が相次いでおります。本誌および別冊付録「コンサート・ガイド」に掲載された公演の最新情報は、各主催者のホームページなどでご確認ください。
出版社(株)音楽之友社 ジャンル定期雑誌
作曲者編・著・監修
グレード刊行日2021/12/01
総ページ数ページサイズ長辺:277mm×短辺:210mm
厚み14mm重さ620g
版型A4変編成

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。